Author Archives: satoru.motokoide

  • -

神奈川県包括外部監査補助者としての業務を終えて

平成27年1月16日、平成25年度の神奈川県包括外部監査の結果が県議会議長、県知事、及び監査委員に報告されました。

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p745858.html

当年度の包括外部監査は、神奈川県における警察費の執行について調査・報告されました。弊社代表の元小出悟も弊社業務を離れ「いち公認会計士」として補助者に加わり、県警の監査チームに加わりました。

記者発表資料及び下記のニュースで報道された通り、県警の活動が外部監査の対象となることは珍しく、社会的な意義の大きい業務であったと感じております。今後も、民間企業の監査・会計の経験や経営コンサルティング業務の経験を活かし、行政・公的セクターにむけた貢献を積極的に担い、地域社会に還元していきたいと考えております。

引き続き、よろしくお願いします。

-----------------------------
以下1月16日付のTVKニュースの引用です。

県の事業が財政上、適正かどうかをチェックする包括外部監査の結果がまとまり、県警に関する13項目について是正が指摘されました。県警の活動が監査の対象になるのは県内では初めてです。

きょうは包括外部監査人を務める橋本吉行弁護士が、報告書を黒岩知事に提出。 今年度は、県警の警察費の状況や県交通安全協会の事業が対象になりました。 県の財政の1割を占める警察費は全国でもっとも割合が高くなっていて、13項目に是正措置が必要と指摘されました。 このうち交通安全協会による免許関係の事務事業については、「免許証の写真撮影や郵送業務は公益な事業とは言えない」として、新たな規定を用意するか外部業者に委託するべきと指摘しました。 県では報告書をもとに是正を検討するということです。 警察費など県警の活動が監査の対象になるのは全国的にも珍しく県内では、はじめてです。
-----------------------------


  • -

弊社は「横浜市特定創業支援事業 実践創業講座」に講師参加します。

弊社が参加する起業家支援プラットフォームmass×massにおいて、2015年2月16日より実践創業講座がスタートします。

横浜市創業事業である本講座を受講した方は、横浜市に証明書を申請し発行を受けることにより、以下のメリット(注)を受けられます。

メリット1 創業前の方が株式会社を設立する際、登録免許税の減免を受けることが可能です。
      (資本金の0.7%の登録免許税⇒0.35%に減免)
メリット2 融資を受ける際の無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が、1,000万円から1,500万円まで拡大されます。
メリット3 創業2か月前(会社設立でない場合は1か月前)から対象となる創業関連保証の特例が事業開始6か月前から利用できるようになります。

(注)いくつかの条件および審査があります。

弊社代表 元小出悟は、本講座において「起業の資本戦略」:社長必須の法律・金融知識というタイトルで講義を行います。

スタートアップに際して、会社法などの法律知識と、エクイティ出資・銀行借入等の創業期に利用できる資金調達のための知識を有機的に繋ぎ合わせて考えておかないと「成功したものの失敗した」という事態に陥りかねません。本講座では事業にまい進する前の基礎知識として、こうした会社法や金融の基礎的ではあるもののとても大切な知識を提供する予定です。

【講座の詳細】

開催期間
 2015年2月16日(月)~3月19日(木)(全10回)

開催場所  マスマス 関内フューチャーセンター
定員  20 名
受講料  一式30,000円(税込32,400円)【特別講座価格】
※単発参加の場合、1 回あたりの受講料 4,240 円。
※講座期間中、マスマス関内フューチャーセンターのドロップイン利用料は無料。
※また、講座期間中、経営相談を無料でお受けします。
http://massmass.jp/archives/7371


  • -

フリーランス&個人事業主向け 全自動のクラウド会計ソフト「freee」を触ろう!交流会

会計コンサルティングファームである株式会社ユニークス・マネー・アドバイザリーが行う、低コスト・未来志向型の会計ソリューション「会計事務所ユニークス」として、クラウド会計ソフトを利用した交流会を開催します。

当事務所は、決算申告等の通常業務のほか、ベンチャーや資金調達、経営者交流会などの各種セミナーの開催のほか、各種補助金のアドバイスも積極的に行っています。freeeのサポートも、出来るだけ低コストで管理業務を行いたい個人事業主や、シードステージの起業家のためのソリューションの一環として積極的に行っています。
みなとみらいや赤レンガ倉庫、山下公園等が至近にある「関内フューチャーセンター」の周囲は風光明媚で、リラックスしたスタートアップのビジネス拠点としても最適な環境となっているので、ぜひ一度、当事務所にご相談のうえお越しください。

日 時:   12月8日(月) 19:00〜22:00
       ◎タイムスケジュール
        PCを使ったレクチャー&活用術 19:00〜21:00
        交流タイム      21:00〜22:00
場 所:   mass×mass関内フューチャーセンター 1F
内 容:   クラウド会計ソフト「freee」の使い方レクチャー
        実践的な使用時のコツ&活用術
参加費:   無料 ※交流会参加者は500円(飲み物&スナック)
持ち物:   PC ※実際にログインからレクチャーを行います。

参加手続
http://massmass.jp/archives/7314


  • -

公認会計士協会第35回研究大会におけるパネルディスカッションのコーディネーターを勤めました。

第35回日本公認会計士協会研究大会東京大会が開催され、弊社代表元小出悟はパネルディスカッションのコーディネーター役を勤めました。

第35回日本公認会計士協会研究大会の概要
http://tokyo.jicpa.or.jp/kenkyutaikai2014.html

パネルディスカッション 「公認会計士による中小企業支援の取り組みと今後の展望」

パネラーの皆様
赤松寛明氏 経済産業省中小企業庁事業環境部金融課 課長補佐
相場正樹氏 東京都中小企業再生支援協議会 統括責任者
白鳥俊成氏 株式会社埼玉りそな銀行融資管理部経営支援室 室長
長谷川臣介氏 日本公認会計士協会東京会 中小企業支援対応PT副構成委員長 公認会計士

コーディネーター
元小出悟 日本公認会計士協会東京会 中小企業支援対応PT構成員 公認会計士

主に、中小企業の事業再生を巡るあれこれについて、経営革新等支援機関制度などを担当する行政の立場、地域金融機関の立場、そして再生支援機関の立場から公認会計士に期待する様々な意見や展望をお聞かせいただきました。11テーマの研究発表のうち、本パネルディスカッションは一番人気となり、合計449名の公認会計士会員や金融機関等の招待者が聴講していただきました。地域の中小企業の事業再生に関する問題意識や関心の高さを痛感いたしました。

第一線の実務家の立場から積極的に情報発信に努めさせていただきたい思いを新たにするとともに、協力していただけました関係者の皆様方に感謝の意を表明いたします。


  • -

弊社は横浜市経済局実施事業「ソーシャルビジネス・スタートアップ講座(前期・後期)」に講師参加します。

ソーシャルビジネスとは、社会問題の解決を目的として収益事業を営む事業体であり、社会的企業とも言われます。ソーシャルビジネスは、そもそも営利の稼得を主目的としていないために、その起業と運営には大きな困難が伴います。

弊社が所在する横浜市では、こうした起業家に向けた支援活動が活発であり、特に主催する事業者である関内イノベーションイニシアティブ株式会社は多くの方々に有益なプラットフォームを提供するとともに活発に振興活動に努めてらっしゃいます。弊社は同社の趣旨に賛同し、地域貢献の一環として、こうした活動に協力すべく「ソーシャルビジネス・スタートアップ講座(前期・後期)」において、講師参加(「社会的企業の資金調達」講師:元小出悟)いたします。

ソーシャルビジネススタートアップ講座(後期)
対象者:横浜でソーシャルビジネスの起業をお考えの方で、ビジネスプランの作成に必要な知識やノウハウを体系的・実践的に習得したい方
http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/happyou/h26/20140910105524.html