税理士をお探しの方へ3つの質問とメニュー紹介 | 税務サービスのご案内 | 会計事務所ユニークス|横浜の税理士・相続・事業承継・M&A・事業再生

税理士業務

 

会計事務所ユニークスでは、お客様にフィットした最適な会計事務所ソリューションのコンサルティング提案とお見積りをセットにしています。
まずは下記3つの質問から始めますので、気軽に初回無料の面談をご予約ください。

Q1会計事務所に記帳を外注しますか?

 

 最初に法人を作ったら会計帳簿を作りますが、これをどのように行うのかを決めなくてはなりません。 

 代表者が1人で開始する独立開業なら記帳を会計事務所に依頼して、決済口座やクレジットカードの明細を取り込むことで、随時月次の損益やキャッシュフローを把握できる「MFクラウド会計」がよいでしょう。あるいは、投資会社の立上げで税務申告が主な目的ならば領収書や銀行通帳を渡して記帳はすべて「会計事務所に丸投げ」といった風に、それぞれのニーズに対応します。

 しかし新設法人でも、チームで立ち上げて1人がバックオフィス担当として経理を担うなら、話題の「freee」でできる限りの自動化をしつつ、KPI管理や採算把握といったノウハウを指導します。

 

※ 法人運営の経験がなく、法定のバックオフィス業務が分からない方はこちらをご参照ください。

 

Q2会計帳簿のインフラに併せた会計事務所の関与方法はどうしますか?

 

 利用する会計帳簿のインフラとお客様のニーズに併せて、月額料金を安価に設定しています。なるべく費用を押さえたい場合には基本料金の月額19,800円からお引き受けします。記帳を会計事務所で代行するプランでも24,800円から受託可能です。

 また、クラウドの会計帳簿をお求めの場合は、MFクラウド会計の月額2,980円のシステム利用料(スモールビジネス)を追加すると、月次決算を把握できて、クラウド経費精算やクラウド請求書発行といった会計と連動した非常に便利なアプリケーションも使うことができます。

 

※ 上記の料金は基本料金で業務処理量や難易度により従量料金が適用されることがあります。

※ 料金は消費税抜の表示になります。

※ freeeを利用した場合のシステム利用料はお客様でクレジットカード等によりfreee株式会社に直接お支払いいただきます。また、完全代行の場合は弥生会計により記帳をして会計帳簿をPDF納品しますが、会計データを利用したい場合には、別途、弥生会計の購入が必要です。

 

Q3決算のほか、給与計算や年末調整など会計事務所にお願いしますか?

 

 税理士を顧問にした場合、多くの中小企業では年に一度の決算及び税務申告を会計事務所に委嘱しています。法人の決算はやはり複雑でプロの力が求められるし、節税や資金調達にも影響するからです。

 また、毎月の給与計算業務を会計事務所に委託する法人も多いです。源泉所得税に関する事務計算や、手当・社会保険料などの控除額を計算して給与台帳を記帳するのが大変煩雑なうえに、社員間で給料に関する情報を共有させたくないからです。更に、年に一度の年末調整や償却資産税の申告ももちろん煩雑なので会計事務所に依頼することができます。

 いずれにせよ、月額料金以外に何を会計事務所に依頼してしまったほうがよいのかは、予算はもちろん人的リソースや得意・不得意もありますから、きちんと相談に乗ります。

 

 

※ 上記の料金は基本料金で、社員数が多い場合など業務処理量や難易度が多い場合には従量料金が適用されます。

※ 料金は消費税抜の表示になります。

 

また、顧問契約についての説明はこちらをごらんください。

 

お問合せはこちら

CONTACT

 

CONTACT US

お電話でのお問い合わせ(平日10:00~18:00)

TEL045-594-6517

メールでのお問い合わせ

PAGETOP